[留学×就活インタビュー]成蹊大学国際教育センター編

2012.10. 4  682Views

 今月から新しく、大学が留学に関してどのような取り組みを行っているかを
 ご紹介していきたいと思います。

 第一弾は成蹊大学国際教育センターの留学支援です。

 また、今回の記事は株式会社クオリティ・オブ・ライフでインターンを3週間していただいた
 4名の学生の方に、取材の内容を考えてもらうところから
 記事に起こすところまで体験していただきました。

a0002_008791.jpg

 インタビューにご協力いただいたのは、
 成蹊大学 国際教育センター国際課の友村さんと小河さんです。
 お忙しい中、ご協力いただきました。ありがとうございました。

 成蹊大学の学生は、大学の行っている活動を知り
 ぜひ今後の学生生活に活かしてください。

 それ以外の方は、成蹊大学の留学支援の新たな一面を
 知っていただく機会になりましたらとても嬉しく思います。

 最後には取材後記として、インタビューをした学生の
 コメントもありますのでお楽しみに!


「就活×留学 インタビュー」 成蹊大学国際教育センター編


 成蹊大学 国際教育センターとは・・・
 成蹊大学は、国際教育センターを中心に国際人の養成に力をいれており、
 その中で私が印象に残った取り組みをご紹介します。


プログラムやイベントの紹介


 国際教育センターは、留学のサポートはもちろんですが
 他にも、留学を考えている学生やそうではない学生にまで
 国際社会で活躍できるような国際人の養成や、
 国際交流を体験してもらうための様々なプログラムやイベントを開催しています。

 印象に残った取り組みが以下の三つです。

 1.辞書を使わずたくさん読んでみよう、多読プログラム

 多読プログラムとは、文字通りたくさんの本を読むということを行うプログラムです。
 なるべく辞書を使わずに英語の本を読み、英語に慣れていくころを目的にしています。

 そのため、やさしい絵本をはじめとする本をたくさん取り揃えており、
 ワークショップも開催されています。英語をたくさん読んでみたいという学生や、
 英文を読むのに慣れたいという学生が多く利用しています。

 また、多読プログラムの教室もあり、自由に開放しているのですが、
 大学一年生時では必修の授業にも組み込まれています。

 2.学生に大好評!国際交流を楽しむバスツアー

 留学生と日本人学生が国際交流を体験できるバスツアーがあります。
 このツアーを通して、都内近郊の自然や文化、歴史といったものに共に触れ合うことで
 国内にいても国境を越えた交流を実感できるのが特徴でもあり魅力でもあります。

 ツアー内容も充実しており、年に二回開催され、学生に大好評のイベントになっています。

 3.もっと英語を話したくなる時間、イングリッシュチャットタイム
 イングリッシュチャットタイムとは、国際教育センターの常勤講師と
 協定留学生をリーダーに、グループに分かれて
 様々なテーマについて英語でコミュニケーションをはかる楽しい時間です。
 リラックスして英語を楽しむことが特徴で、「こんなとき英語でどう表現するのか」
 といったお役立ち英語も身に付けることができます。


各プログラムをおススメする理由 ~センター職員の生の声~


 多読プログラムに関しては、

 「このプログラムでは、成蹊大学の学生用に多読プログラムの教室を設けてあり、
 学生がたくさんの本を読めるように、読む本の内容を簡単なものから取り揃え、
 学生が英語に慣れることを期待しています。」とおっしゃっていました。

 また、バスツアーやイングリッシュチャットタイムに関しては、

 「留学生とおしゃべりをする機会がたくさんあるのですが、
 日本の学生は英語が話せないという苦手意識があったりします。

 それがこのイベントを通して、何とか留学生とコミュニケーションを
 取れたというのがきっかけになって留学を志す学生が多くいます。
 また、留学生から日本人と交流ができ、
 文化を共有しあうことができてよかったとの声も多いですよ。」

 とおっしゃっていました。


取材後記


 私たちが一番印象に残ったことは、
 留学を考えるうえで必要なことについてのお話です。

 国際教育センターが考える、留学をする上で大事なこと

 成蹊大学の国際教育センターでは、学生の質問や相談に対して、
 一人一人に時間をかけてじっくり対応しているので、たくさん活用してほしいです。

 一番大事なのは具体的な目的を持った上で留学し、語学力+αな留学にすることです。
 その「+α」を自分の声で表現できるようになると、
 自分に自信もつき、これからの就活に向けてもとても有利になってきます。

 ~わたしたちが感じたこと~

 国際教育センターで、留学の相談や語学の勉強の相談など、
 一人一人に対して時間をかけてアドバイスや指導されているということを知り、
 留学に不安を持つ学生にとって悩みなどに時間をかけ、
 丁寧に相談に乗ってくださることは、心強く、留学へ向かう日々のモチベーションを
 維持していけるのではないかと思いました。

 特にセンターの方のお話で、私たちが印象に残ったのは、
 留学をする上で、きちんと目的意識を持ち、強い気持ちをもって
 挑まなければいけないということでした。

 また、国際教育センターのプログラムやイベントを知り、
 それらの魅力やセンターの職員の学生に対する想いがとても伝わってきました。
 国際教育センターを利用することで様々な情報が入手できるので
 たくさんの学生にセンターを利用してもらいたいです。

 ご協力いただいた、成蹊大学国際教育センターさんのホームページ
 http://www.seikei.ac.jp/siis/index.html

 -----------------------
 Facebookページも連動中!
 Facebook上のみの情報も少しずつアップしています。
 [留学×就活]Facebook Page
 -----------------------

関連記事

 [留学×就活調査]
 交換留学、語学留学、認定留学、、、海外留学4つの方法
 海外留学をしたいと思ったら?
 海外留学、期間はどれくらい?!
 国選び、学校選びの方法その1、その2
 時期に関する国別3つの例と、留学する学年について
 就職か、留学か、悩んだ時は?! 海外留学とSNSツール。留学経験者が最もよく使ったツールは?
 実際のところ、留学中って就活した?
 留学経験者はどの業界・企業を志望するのか
 海外留学経験は就活に有利なのか?企業はどう見ているのか?
 帰国後に就活で利用したツールや参加したイベント
 就職活動で大変だったことは?
 海外留学に行きたい!そう思ったのはいつ?イメージと現実

 [留学×就活インタビュー]
 留学しようと思ったのはいつ...?
 留学に行く前に意識した3つのこと、目的、目標、英語力
 3年次に留学するために、いつから留学準備を行いましたか?
 留学先の国・学校はどのように決めましたか?
 留学前・留学中に悩んだことは?やはり就活?!
 就職に対して意識は変わりましたか?最終的な内定先は?
 留学中に就活はしましたか?
 留学して変わったことは?就活に直結というよりも人生に影響?!
 留学は就活に役立つのか、役立たないのか。3つの意見。
 帰国後、就活をしていて感じたことは? 
 帰国後の生活で困ったことや感じたこと
 帰国後の就活のタイミングはいつ?!
 就職活動中に留学経験がネガティブにとられたことは?