送付状の書き方

2010.12. 8  1164628Views

企業にエントリーシートを送るとき、緊張しますよね。
一緒に送る送付状(添え状)は学生にはなじみのないものですが、
ビジネスでは当たり前のように使用されているものです。
しかし、いきなり書けと言われても戸惑うもの。

今回は送付状の書き方についてお伝えします。

a0002_003094.jpg

送付状とは?


送付状とは、履歴書などの書類を郵送する際に、一緒に送付したり、
FAXを送信する際に添えたりする書面のことを指します。
添え状とも言いますね。

送付状で伝える内容としては、
・誰から誰宛へ送るのか
・何を送ったのか(枚数も)
・あれば補足説明

です。

送付状の書き方


次の順番で書いていきます。
サンプル(テンプレート)を参考にしてみてくださいね。

1.日付
2.宛先:会社名、部署名、役職名、氏名(様をつけて)
3.差出人名:自分の住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、氏名
4.題名
5.拝啓+時候の挨拶
6.主分(本題)
7.結語(敬具)など
8.記書き
9.以上

※サンプル(テンプレート)
送付状の書き方.png

ちょっと役立つポイント


◆Wordを上手く使おう

Wordには、「挨拶文」の定型フォーマットが入っています。
(「挿入」→「挨拶文」)
頭語や時候の挨拶、結び言葉が入っており、それぞれ選べますので、
季節や状況に応じたものを選択し、入れ込んでみてください。

また、挨拶文に関しては、次の記事も参考ください。

あいさつ文の書き方


◆敬称を覚えよう

宛名に付ける敬称は、個人宛か団体宛か、職名宛かで異なります。
封筒に記載する際も同様に記載します。

敬称の付け方.png

◆郵送の際には...

作成した送付状と書類をクリアファイルに入れて郵送しましょう。
万が一、雨に濡れて封筒の中身まで被害にあってしまう...という事態を避けることが出来ます。


キングジム シンプリーズクリアーホルダー A4タテ 乳白

<参考記事>
エントリーシートや履歴書を郵送する時のマナー

最後に


いかがでしたでしょうか。

社会人になってからも必要なマナーなので、今覚えておいて損はないですよ。
作成するときに参考にしてみてくださいね!