あなたは大丈夫!?面接本番10分前にやっておきたい最終身だしなみチェック

2014.2.12  12609Views

いよいよ面接本番...


その前に!身だしなみの最終チェックをしましょう。
身だしなみは、相手に与える印象を良い方向にも悪い方向にも変えてしまいます。

身だしなみで得をするためにも、面接開始10分前にお手洗いなどで確認したいチェック項目を挙げてみました。


●参考記事:
就活で気をつけたい身だしなみ11つのマナー

女子学生が気をつけたい身だしなみの5つのポイント

a0002_009249.jpg


1.髪型


ビル風で煽られて、髪の毛がぐしゃぐしゃになってはいませんか?
また、マフラーをしていた人は、静電気で広がってはないでしょうか?


女子の場合は前髪がお辞儀をしても髪にかからないか、チェックしましょう。
スプレーで固め直すのもこの時が最後のチャンスです。


2.歯・口臭


昼食の後、歯磨きをしましたか?
ニッコリ笑ったら青のりが...なんて悲劇がないように。携帯歯みがきセットをもっておくと便利です。
きれいな白い歯は好印象ですね。

面接の会場は狭い会議室など、閉鎖された空間であることが多いです。
タバコを吸った直後に入ると、相手にも分かってしまいます。

面接などの前はにんにくなどの臭いのキツイもの、コーヒーやタバコなどは避けましょう。



3.ネクタイ/スカートのセンターライン


男子はネクタイがゆるくなっていないでしょうか?
きっちり結び直しましょう。


女子に多いのが、スカートのセンターラインが曲がっている人です。
意外と気付かないので要注意です。
同時にストッキングが伝線していないかもチェックです。
ストッキングは予備を持っておくのが安心です。



4.襟(えり)


断トツで多かった残念な身だしなみが「襟元」です。
シャツの襟が後ろだけスーツから飛びだしていたり、マフラーをとって乱れてしまうことが多いようです。


女子の皆さんには、開襟シャツ(第一ボタンが無く、襟もとが開いているタイプのシャツ)だと、首元の締めつけが苦手な方にもオススメです。
また、襟を出すことで白い部分が広くなり、顔周りが明るくなるという効果もあります。


「苦しいから」といって、第二ボタン以上開けていた方は面接前にはボタンをかけましょう。
第一ボタンまで締めるかどうかは個人の好みになります。



5.スーツのしわやホコリ


満員電車でもみくちゃになってシワがついてしまってはないでしょうか?
そうでなくても、だらしない座り方等をしていると変なシワがついてしまいます。
普段から気をつけましょう。

マフラーなどの防寒具の毛玉などがついてしまうこともあるので、携帯用のホコリクリーナーを持ち歩くと良いですよ。


また、冬の時期には会社内に入る際にコートを畳んで手に持つようになります。
だらしなさそうに持っていないか、今一度チェックしてみましょう。


6.足元


社会人になってもですが、足元は意外と見られます。
日ごろのお手入れもしっかりしておきたいものです。

特に雨の日は泥だらけになっていないか要チェック!
目立った汚れはサッと拭けるようにしましょう。



7.顔


油取り紙を使って皮脂を落として、清潔感第一です。

女子の皆さんは化粧直しをするラストチャンスです。
口紅はよれてないか、簡単に化粧崩れを直しましょう。

●参考記事:女子学生に送る!基本的な「就活メイク」の7つのポイント

寒さで顔色が悪くなったり、表情が硬くなったりしているかもしれません。
寒さに弱い筆者は応急処置としてカイロを顔に当てたり、こっそり変顔をして顔の筋肉をほぐしていました(笑)。



さいごに


いかがでしたか。
言われないと気付かなかったチェック項目があったのではないでしょうか。
控室で他の就活生の身だしなみが乱れていたらぜひ教えてあげてください。
それがきっかけで話して緊張がほぐれることもありますよ。


身だしなみ以外の面接直前対策はこちらもご覧ください。

●参考記事:最低限これだけは押さえたい!面接を受ける前に要チェックな3つのポイント

それでは笑顔でいってらっしゃい!

(ライター:ゆい)