就活は一人では勝ち抜けない!?仲間と「内定」をつかみ取る3つのコツ

2011.8.22  2316Views

こんにちは、学生ライターのKSGです。

就活が本格的に始まると、それまでは週に何度も顔を合わせていた友人とめっきり会わなくなってしまうことも珍しくありません。

ですが、
「エントリーシートの書き方はこれでいいのかな?」
「面接がうまくいかない...もう嫌だ。」
「就活の憂さ晴らしに飲みにいきたい!」
といった就活の不安や不満を解消してくれるのも、やはり友人なんですよね。

そこで本日は、内定に向かって一緒に努力していく「就活仲間」についてご紹介していきます。


a0001_007834.jpg



1.気心の知れた友人と頑張ろう!


 
就活仲間が欲しい場合、やはり大学の友人など気心の知れた方と一緒に頑張るのがいいです。

説明会や面接の会場で初めて会った就活生との情報交換は確かに役に立ちますし、刺激にもなるのですが、精神的に支え合えるほどの信頼関係を一から築いていくのはかなり大変です。

普段から悩み事などを相談できる間柄の友人を集めて、一緒に就活を頑張っていく仲間づくりに励みましょう。


仲間づくりのコツ

就活が本格化する前に、「頑張ろう!」という雰囲気を仲間内で作っておきましょう。

就活が始まってしまうと簡単にスケジュールを調整することが難しくなってしまい、ゆっくり仲間作りをする時間もありません。

サークルやゼミの友人と就活の前に結束しておくのがベストです。

また、就活の話をしないままでおくと、仲間内で就活の話が"タブー"のように扱われることがあります。
就活は一人ではできません。
一人で抱え込む状況を作ってしまう前に、仲間内で就活の話ができる雰囲気を作っておくことをオススメします。



2.定期的に集まって話そう!



就活生にとって一番の大敵は「一人で悩み続けて気に病んでしまう」ことです。

エントリーシートや面接がうまくいかずに一人で悩んでいると、「私はもうどこからも内定がもらえないんだ...」とどんどんマイナス思考になっていきます。

もちろん一人で頑張らなければならない場面も多くあるのですが、このようなマイナス思考に陥ってしまうと絶対に就活はうまくいきません。

そこで、就活中にも仲間と定期的に集まって、近況報告や悩み相談をすることをお勧めします。

「一人でずっと悩んでいたことを仲間に相談したらあっという間に解決した!」ということも珍しくありません。


定期的に仲間と集まるコツ

皆が忙しい就活中に仲間と集まるには、「あらかじめ会う日時を決めておく」のが有効です。

説明会や面接は日中にあることが多いので、夕方~夜の時間帯で日時を早めに決めてしまいましょう。
そして一度皆で集まることができたら、次に集まる日程を決めておきます。

こうすることで、定期的に仲間と会うことができます。



3.仲間内で内定が出た時の対処法



仲間と協力して就活を進めていると、いずれ誰かしらに「内定」が出ます。

「あなた自身に内定が出た場合」と「友人に内定が出た場合」の対応の仕方をご紹介します。


あなたに内定が出た場合

ずっと仲間と頑張ってきたのであれば、内定が出たことは黙っておかずにしっかり報告しましょう。

あなたが内定の報告をした際に仲間がどのような反応をするかは分かりません。
喜んでくれるかもしれないし、不安そうな顔をするかもしれません。

ですが、一緒に就活を頑張ってきた相手に対して「黙っておく」ことは後に関係をギクシャクさせますので、勇気を持って報告してあげてください。

あなたが内定をもらったという事実が仲間を勇気づけることも十分に考えられます。


仲間に内定が出た場合

仲間から内定の報告を受けた場合、必ず「おめでとう」と言ってあげてください。

友人の内定を「羨ましい」と思うことは当然のことですし、妬ましいと感じてしまう気持ちさえ理解できます。

ですが、友人も勇気を出して内定を報告してくれていますので、あなたも労いの言葉をかけてあげましょう。



さいごに



筆者(現4年生)の実体験より。
4月上旬のある日、友人が内定の連絡を受け、その場に私も居合わせました。
その瞬間、私の中から出てきた最初の感情は「羨ましさ」でした。

友人に対して申し訳ないとも思いましたが、当時の正直な気持ちです。

ですが、徐々に「友人に内定が出たんだから、俺にもできるはず!」というガッツが生まれてきました。
その後、一日に2,3回の面接を順調にこなし、私も4月中旬に内定をいただくことができました。

就活を終えた今、内定を隠さずに報告してくれた友人にとても感謝しています。

内定を報告することで一時的に「気まずく」なってしまうのは仕方がないことです。
ですが、就活が終わってしまえば仲間とも元の関係に戻れますし、就活も思い出になっていきます。

仲間と一緒に就活を頑張っていくことの最大の壁は内定報告にありますが、勇気を持って内定を報告することで仲間全員が成長することができるはずです。

仲間全員で笑って就活を終えられるよう皆様のご健闘をお祈りしています!

それでは、また。

(ライター:KSG「就職活動支援サークル よこりく」代表)