OBOG訪問にも役立つ!「差が付く」社会人との4つの出会い方

2011.11. 1  2060Views

こんにちは!ライターのSoutaです。


みなさんは社会人OBOGとどのように出会っていますか?
社会人と話す経験を増やした方がいいとは頭では分かっていても
なかなか見つけにくい現状があるかと思います。


そのため今回は周りと差を付ける社会人との出会い方を4つにまとめました。


a0002_002241.jpg




1.自分の趣味の集まりに出かける




例えば私の友人はサッカーという趣味があり、自分のサークルの集まりだけでなく
ネットで見つけた「個人参加」の社会人フットサルによく出かけていました。


そこでの会話のコツは「世代に合わせた会話をする」ということです。
例えば今であればメッシ(今のアルゼンチン代表のスタープレーヤー)の話しだけするのではなく、
数年前のジダンや時には90年代のJリーグ創世記の選手であるラモスの話などもするということです。


みなさんも何か世代を超えて盛り上がれる趣味をお持ちではないでしょうか?




2.展示会に出かける




ネットで「展示会or EXPO orイベント」+「自分の気になるキーワード」で検索してみましょう。
そうするとたくさんのイベントが出てきます。


例えばこの「J-Net21中小企業ビジネス支援サイト」ではイベントカレンダーを見ることが出来ます。


社会人が学生に向かってする説明会とは違って社会人が社会人に向けて発表するので
やや難しく感じられるかもしれませんが、よりリアルさ真剣さが伝わってきます。
その場で企業の方に声をかけることもでき、
学生のため珍しがられるので礼儀をわきまえれば好意的に接して頂けます。




3.社会人向け講演会・セミナーに参加する






こちらは展示会などとは違って小規模かつグループワークがあるものもあるので、
より近い距離で社会人の方と交流できます。


例えばこの「EventForce」は無料から有料、ジャンルも就職活動からマーケティング・企画といったスキルまで幅広くあります。




4.両親に紹介してもらう




以前の記事「親と内定者にアドバイスをもらうメリット・デメリット」 にも書いたように、
最も身近な社会人といえばやはり両親でしょう。


両親の職場の人や、友人を紹介してもらうという方法があります。




最後に




いかがだったでしょうか。


少しハードルの高いと思えるものがあったかもしれません。
しかし、こういった小さな所で一歩前に出ることが
面接やグループディスカッションで不安になった時に「自分は周りとは違う経験がある」と自分を奮い立たせる材料になります。


応援しています!


(ライター:Souta「それでも就活にイエスと言う」)