インターンシップに参加する前に準備すべき5つのポイント

2011.7.13  25827Views

こんにちは、ライターのSHUNです。

上手いこと参加の切符を手にしたインターンシップ。

もちろん、ただの体験授業だと思ってはいけません。
人事や現役社員の方々と直に触れ合う場であり、この機会を活用出来るかどうかはその後の就職活動にも強く影響します。

「業界知識は不要です」「これは選考ではありません」
よくインターンシップの案内にはこう書かれていますが、「そんなことない」と思ってください。
人事が陰で優秀な学生をチェックしていたり、学生の態度を逐一確認しているケースは多くあります。

出来る準備はしっかり行った上で、周りのインターンシップ参加学生よりも一歩二歩上手の印象を人事に植え付けましょう!

今回は、そのインターンシップに向けてやるべき事前準備を紹介します。

a0001_011468.jpg



1. どんなインターンシップなのかを調べよう



まずは、自分が参加するインターンシップがどういった形式で、どういった内容のものなのかを出来る限り把握しておきましょう。

企業名やインターンシップ名で検索してみると、代表的企業であれば高い確率で過去の情報を探す事ができます。

毎年同じ形式のインターンが行われるとは限りませんが、しっかり情報として把握しておきましょう。

みんなの就職活動日記は、先輩方の詳しい体験談が載っておりオススメです。



2. 企業研究をしよう



当然ですが、インターンシップ先の企業についての基本情報は把握しておきましょう。
例えば下記のような項目です。

・ 年間売上高
・ 社長名
・ 従業員数
・ 沿革
・ 主力事業
・ 海外展開の度合い
・ 会社の強み・弱み

上記の多くは会社のHPを見れば載っていることがほとんどです。
また、就職SWOTという口コミサイトには、情報量はそう多くありませんが主要企業の強みや弱みが載っています。

事前に軽く目を通してみることをおすすめします。



3. 業界研究をしよう



インターンシップ先の企業がどういった業界に属しているのかも、しっかりと把握しましょう。

・ 業界の市場規模
・ 市場成長性の推移
・ 競合他社も含めた業界の勢力図はどうか(シェアの割合)

上記情報は、会社HPからは得られない情報である可能性が高いですが、「○○(業界名) 市場規模」「○○ 成長性」といった形で検索するとヒットする確率が高くなります。

業界に関する一般公開された論文なども有益ですので、より論文がヒットしやすいように検索キーワードに「pdf」の一言を加えたりして、色々と試してみて下さい。



4. 質問を用意しよう



ある程度企業やインターンシップについての情報が集まったら、人事や社員の方に聞く質問をリストアップしていきましょう。

インターンシップ先では質疑応答の機会が必ずといって良いほどあります。

待ってましたとばかりに手を挙げてしっかりと用意した質問をすれば人事から一目置かれる可能性が高まります。

もちろん、HPから得られる調べれば分かる情報や、年収等のデリケートな話題はタブーです。

会社の主力事業の成長性や海外展開の意義といったように、一歩踏み込んだ実際の社員さんからしか聞けないような内容を考えましょう。



5. 最後に、身だしなみを確認



身だしなみは当然大事です。

スーツ・シャツにはシワが無いか、靴は磨かれているか、髪は整っているか。

男性であれば、ネクタイは綺麗に結べているか、曲がっていないか。

しっかりと余裕を持って確認し、身だしなみを整えた上でインターンシップに臨みましょう。



さいごに


 
いかがでしたでしょうか。

せっかく得たインターンシップという機会、是非最大限活用して就職活動に活かしてください!
応援しています。

(ライター:SHUN)