あなたは大丈夫...?説明会に参加するときに気を付けたいポイント2つ

2015.2. 2  851Views

就職活動が始まると、説明会や就活イベントに参加することが多くなってきます。
説明会に参加しないとその先の選考に進むことができる企業がほとんどではないでしょうか。
ただ、中には説明会を軽視して損をしている人がいるのも事実です。


そこで、今回は説明会に参加するときに気を付けたい、当たり前な2つのポイントをご紹介いたします。

a0002_011084.jpg



1.会場へは30分前に到着する予定を組む


30分前に到着するように予定を組むことが理想です。
都心部では電車のトラブルがつきものですよね。
また、初めて行く場所では迷子になる可能性もあります。
筆者も都心部で就活していたのですが、電車トラブルと迷子でヒヤヒヤしたことが何回もありました。
目的地の駅に30分前に到着するのではなく、会場に30分前に到着するイメージを持って行動することを心がけましょう。

説明会は受付を開始30分前から行うことが多いですが、稀に開始15分前に設定しているものもあるので、その場合には15分前に到着するようにしましょう。
早く着くことによって、会社の様子を観察できたり、何を聞きたいのかという準備もできます。



2.キャンセル連絡は事前に行う


もちろん当たり前だと思っている方も多いとは思います。しかし、実は無断キャンセルを行っている学生も非常に多いのです。
特に、選考を伴わない説明会やセミナーへの無断キャンセル率は非常に高いです(筆者も就活前半戦は甘えが生じて、無断キャンセルをしたことがあります)。


無断キャンセルをすることによって、選考結果に響くことはあります。
それだけなら自己責任で済む問題です。
ただ、それ以上に問題なのは無断キャンセルをすることによって、参加できたはずの学生の可能性を奪ってしまうということも、覚えておいてください。



さいごに


いかがでしたか。

「成功するには当たり前のことを当たり前にやるしかない」
本田宗一郎さんの名言ですが、当たり前のことの積み重ねをできた人が理想の内定先と出会うのではないかと筆者は考えます。
甘えが生じていた就活前半は、選考に行っては落とされということを繰り返していました。
意識を変えた後半は、スムーズに選考が進みました。
皆さんなりの当たり前を意識して行動してみませんか。


(ライター:しんや)