「面接の予定がかぶってしまった...!」という状況を防ぐための方法3つ

2014.6.17  190Views

1日に2つや3つ、多い時には5つの面接が入ってしまう。ということってありますよね。


全部の企業の選考を受けるためにも、今から書いていく3つの方法を是非試してみてください。

a0002_005836.jpg


1. スケジュールは紙の手帳に書く


スマートホンの普及により、スケジュールは全てスマホの中、なんて人も増えてきていますね。

しかし、面接の日程調整などが電話でかかってくることも少なくありません。
そのため、できるだけ手帳を持ち歩くようにしましょう。

電話中にスマホでカレンダーを見ながら話すのは結構大変だったりします。

2. インターネットから自分で日程を決められる時は、なるべく1番最初の回もしくは最後の回にする


電話での日程調整ではなく、ウェブ上で自分で面接日程を決められることもあります。
その際は、朝1番の回もしくは夜の最後の回にすることをオススメします。

お昼から夕方にかけて面接が入ることが多いので、それを避けるためです。
18時以降の回が、あればそれがベターです。


3.面接所要時間、場所、交通機関の全てをメモしておく


たとえば、
13時から14時まで東京駅で面接が入った場合、14時30分に横浜駅近辺での面接は難しいですよね。
何時からなら面接の設定が可能かをあらかじめスケジュール帳に書いておきましょう。

電話が来た際に、その時間は難しいと伝えるのと同時に、何時なら大丈夫です、と伝えましょう。
そうしたところ、筆者の経験では、時間帯を変えてくれる可能性はほぼ100パーセントでした。



さいごに



いかがしたか。

社会人になっても大事になる、スケジュール管理。
就職活動を良い機会と考え、しっかり身につけましょう。


(ライター:Shogo)