エントリーシートで出される質問の裏側を知ろう

2011.1.27  26822Views

こんにちは、ライターのAYAKAです。

企業から出されるエントリーシート(ES)の
自己PR以外の部分で気をつけてほしい事を書いていきます。

a1150_000343.jpg


なぜ質問をされているのか考える


ESは「自己PRをしてください」「あなたが学生時代頑張ってきた事はなんですか?」
という項目の他にも、企業ごとに質問を出してきています。

私が就職活動をしていた際にも、いくつか奇抜な質問項目があって唸りながら書いた事があります。

例えば、以下のような質問がありました。

「あなたの趣味を教えてください」(食品業界)
「あなたの生き方で大切にしていることはなんですか」(食品業界)
「10年後の自分に向けてメッセージを書いてください」(航空業界)
「これまでにあなたが感動した体験、感動したこと、もの、について教えてください」(飲料業界)

みなさんこれにそれぞれどのように答えるでしょうか?
想像してみてください。


10年後の自分を想像してみる


例えば、10年後の自分へメッセージを書くとなったらいかがですか?

----------------------------------------------------------------
10年後の自分へ。
元気ですか?きっと今日も元気に働いていることだろう。
毎日毎日、仕事に追われて大変かもしれないけど、あなたなら上司を抜くなんて簡単ですよ。
努力することなら誰にも負けないのは自分が一番よく知っていると思う。
それを活かして、今できる事を一生懸命頑張って。
----------------------------------------------------------------

なんて書いたりしませんよね...?
この10年後の自分へ向けての欄の中で、努力できる人間だということを、
うまくアピールしている点はすばらしいです。
ESはどの質問項目もアピールポイントになるということに気がついています。すばらしい!

しかし、このES、1/1000くらいの確率で通るかもしれませんが、落ちる確率の方が高いです。

なぜだかわかりますか?
その答えは簡単です。

「あなたが志望している○○という会社で働いていないから」です。

この質問は

「10年後の自分に向けてメッセージを書いてください」
          ↓
「10年後あなたはこの会社でどのように働いていますか?」

という意図を持った質問なのです。

10年後の未来のビジョンを既に描けているか、

10年後、この会社のどこの部署でどのような仕事をしているかを聞いています。


趣味を聞く意図は...?


同じように、趣味を聞いてくるには意図があって、

・意外な話を聞けるかもしれない(意外な一面が見れるかも)
・入社後の慣れない環境でストレスがかかっても対処法があるか

というポイントを見てきます。

無難に読書が趣味と書いて、面接で「最近読んだ本は?」と聞かれて
何も答えられない...というのは困りますよね。
特に奇抜なものである必要はないですが、
何か聞かれたときに"ちゃんと答えられるもの"を書いておきましょう。


価値観を聞かれる質問


「生きる上で大切にしていること」
「大事にしていること」
などという質問は、あなたの"価値観"を質問しています。

人それぞれで、大事にしているものが違うはずです。
お金なのか、人なのか、仕事のやりがいなのか...等々。

あなたの価値観と、その企業の価値観が似ているかを確認しているものです。
相手に合わせて作り変える必要はないですが、
その企業ではどういう価値観を持って働いている人が多いのか、
事前に調べてみると対策が取りやすいかと思います。


さいごに


企業が質問によってみなさんからなにを引き出したいのか、
他の質問も同じように、問の意図を正しく読み取って
自分のアピールになる要素を盛り込んでいくように心がけましょう!

(ライター:AYAKA)