友だちと振り返ってセミナーや説明会の効果を上げる3つの方法

2011.11. 7  881Views

こんにちは!ライターのSoutaです。


みなさん友達と就活していますか?


ここでは、


<参考記事>
「就活の話はタブーではない!?友人と一緒に就活で成功する3つのポイント」


を基礎編として、今回は応用編をお伝えします。


具体的に友人とセミナー・説明会の効果を上げる方法を3つにまとめました。




a1070_000133.jpg




参加した目的をお互い30秒で話し、達成できたか聞いてもらおう




人に伝えようとすると要点を意識できます。


例えば「今日どんなことがあった?」と聞かれたとき、
日記などではその日あった出来事を順番に書いて長くなってしまいますが、
友達に説明する場合は印象に残ったものだけを選べます。


そして目的が達成できたかを聞いてもらいます。
独りでの振り返りは「ま、いいか」となりがちですが、
聞いてもらうことで説明会の振り返りの効率化、思い出すことによる記憶の定着率アップを期待できます。




良かった点を3つ説明し、そして質問をもらおう




例えば自己分析セミナーであれば、
「今日から始めること・知らなかった自分の一面・もっと考えたいポイント」、
説明会であれば「社風・事業内容・財務状況」などです。


そしてそれに対して友達から質問をもらいます。
「それってほんと?なんでそう思った?こういうやり方もありじゃない?」など聞いてもらうことで、
新しい視点をもらう・思い込みをなくす・他の方法に気付くことができます。




もっと知りたいと思った点を3つ挙げて、友達と考えてみる




「よかった!」逆に「つまらなかった」と感想だけで終わってしまいがちなのがセミナーや説明会です。


これに陥らないために疑問に思ったこと、もっと知りたいと思ったことを友人と共有します。


そうするとよく考えれば分かること、友達が知っていることなどが出てきます。
さらには、選考時の「何か質問ありますか?」の準備にもなります。




さいごに




いかがでしたか。


就活ではついつい独りで考え込んでしまいがちです。


私も独りで考えて辛くなってしまったり、逆に何気ない一言で考え方が変わったりしました。
友人に話すこと・聞いてもらうこと・友人の話を聞くことを大切にして就活を楽しんでいきましょう。
一緒に乗り越えた経験は一生の友人を作ってくれます。


応援しています!




(ライター:Souta「それでも就活にイエスと言う 」)